2017年3月4日開催 トークイベント

第1部 タカさんのアートの見方・楽しみ方

河内 タカ

2016年に『アートの入り口──美しいもの、世界の歩き方[アメリカ編]』
そして続編となる『ヨーロッパ編』を立て続けに出版され大変好評を博しました。
1970年代末からアメリカに渡り、2011年に帰国するまでの間、作品を制作する画家として、 また、キュレーターとしての活動を通して、活発なアメリカのアートシーンに身近な距離から接してこられました。
また、ヨーロッパのアートや写真に関する造詣も深く、あまり知られなかったような様々な発見を見出すことができると高い評判を得ています。

第2部 トークセッション [ 河内 タカ + 枝澤 佳世 ]

枝澤 佳世
一般社団法人アートのある暮らし協会 代表理事

1992年よりアート業界に入り、美術にまつわる出版物やイベントなどの、現場ディレクターを経てプロデユーサーとなり、国内外15カ国で約50企画を手がける。 プライベートでは結婚・出産を経て主婦となり、アートのある暮らしは、子供の教育、コミュニケーションの場などに効果があり、何より自己成長に繋がることを実感。 この経験から、「アートの力」を人生に活かしより多くの人々の夢の実現に向け力になりたいと、事業を立ち上げ、今に至る。 広島生まれ。2児の母。

開催概要

協会会則個人情報保護方針リンク